意識理解への段階

【1】 【2】

悟り系・癒し系・・幸福に生きるためにも、少しの厳しさが成長のスパイスになる 2009/07/06

意識成長の勉強をするには、悟り系と癒し系という2つの言葉の意味を知っておくことはとても大事です。
悟りも癒しも、その両方とも生命の中で意識成長して行く私たちには必要な意識的感覚です。
この2つの意識的感覚は、この先長く続く意識向上においても大変重要な役割を果たします。

私がこの悟り系、癒し系の違いをはっきり感じたのは、波動振動測定を通してです。
すばらしい神社の振動を、いろいろな条件付けで上から並べてみようと考えたとき、一瞬迷いが生じたのです。
一緒にすることが出来ない振動、どうしても比較することが困難な振動に気づきました。

それが悟り系、癒し系の振動でした。
今回は、この悟り系、癒し系の振動が意識向上や精神世界にどのような関わりがあるかを説明して行こうと思います。
悟り系は、真理、神の法則など霊的法則と密接に関係する智恵や意識の悟りの程度を言います。

癒し系は、やさしさ、愛、一体感など、本来の「あるがまま」から来る人間在り方の表現です。
真理的、霊的な愛は、この世で言う癒し系の感じとはまったく違うものです。
また悟り系も、本来はこの世的なイメージから来る修行的なものでもありません。

悟り系は、難行苦行なども必要ない霊的智恵の中を意識で段階を上げて行く霊的意識向上です。
神社やその他のモノから感じる悟り系、癒し系の振動は、実際にそのような強い意識振動を持った人の振動がその場に入って残留したものです。
または、霊的にそのような方か霊的回路を通して、その場が今でもつながっているかです。

悟り系、癒し系から、それと関係するいろいろな意識的回路まで考えることも出来るのです。
悟り系は、チャクラで言えば、サハスラーラとアジナに関係します。
また、癒し系は、ヴィシュッダとアナハタに関係し、その両方は、マニピュラからの生命とも密接に関連しています。

人間に関係する波動振動測定は、このチャクラにある波動振動レベルのいろいろな情報を読み取ることで可能になります。
ちょっと、別な角度から見てみましょう。
意識向上には、自力他力ということがいつの時も考えさせられます。
悟り系は自力、癒し系は他力です。

ほとんどの人が求めているのが癒し系で、まずここから入っていく人が多いでしょう。
悟り系の印象は、自力、修業的というイメージがありますので、最初から敬遠したくなります。
今の精神世界、心理療法などは癒し系が悟り系より圧倒的に多いはずです。

私の療法は、どちらかというと癒し系より少し悟り系のほうを重視しています。
本来は、悟り系も癒し系も両方必要なものです。
最初は誰でも、自分に合った方法で進めていくのですが、必ず途中で足元を見させられます。
意識の勉強に、スムーズにハッピーのままでというのは無いのです。

悟り系でとことんがんばって行くと、「あるがまま」という意識状態の幸せ感や喜びの癒し系の意識状態に触れられます。
逆に、癒し系でどんどん進んで行っても、いつかはネガティブから自分を守るための智恵という悟り系が必要となって来ます。
みんなの前で、悟り系が無くても癒し系の自分を通して行けるのは、周りの人が自分の癒し系という意識を十分に認めて受け入れてくれているときだけです。

人はけっこう自分の都合のいい面から、また根拠の無い曖昧で判断していることが多いのです。
悟り系でも癒し系でも、自分自身に対して相当な確信を持っていなければ、この世では簡単に潰されてしまいます。
精神世界でも宗教でも心意識の勉強でも、悟り系癒し系のバランスをしっかり知って進めて行けば、意識成長も大きなつまづきもなく段階を上げて行けるはずです。

何にしても、バランスが大事です。
もし、人がうわべの癒しだけで意識成長なるものを進めていくとどうなるでしょうか。
「ハッピーハッピー、私たちは神とつながっている、すべての力は自分の中にある」など。

まだ10代から20代前半くらいなら、夢や希望という感じでその気になっていても仕方ないですが。
もし、目標や目的といった焦点のないある漠然とした夢や希望だけを見つめていると、いつの日か虚無感や不快な苦しみがジワジワと忍び寄って来るのです。
精神世界や宗教でも、その中で神、真理的なことについていろいろ書いている人もいます。

はっきり言って、私は根本的には正しいと思うことは多いのですが・・・
ただ、本当はとても善いことであるのに、それを悪いほうに使う人もいるので注意が必要です。
正しいから惹かれて行ったのに、それが後で、引っかかったという結果になるのです。

すぐに間違いや悪だと分れば、余程ネガティブな人でない限り誰もそれには近寄りませんから。
では、ちょっと話を進めます。
何故結果が曖昧であったりいい加減になったりで終わるのかということです。
それは、簡単に言ってしまえば、癒し系だけで終わるからです。

ある程度、癒し系が浸透すれば、次には悟り系の内容も入れて行かなければなりません。
そうしなければ、理解だけでなく、意識の進みようもないからです。
癒し系を理解納得するでも、その逆の悟り系を理解納得するでもいいのですが、大事なことがまだ先にあるのです。

今度は、自分の意識で何かをしっかり感じなければならないのです。
それは、簡単にすぐとは行きません。
何故、すぐはないのか、それは前にも書きましたがネガティブ観念が邪魔しているからです。
つまづき、障害となるのは、ただ、そのネガティブ観念だけなんです。

そのネガティブという意味も曖昧にしては、どんなに癒し系で進めても、結局は新しく作ったいずれ消し去らなければならない観念を大事にしているにすぎないということになります。
すべて捨て去るかどうかは、悟り系の智恵次第ということになります。
ここまでやらなくてもいいのですが、癒し系だけでは?・・・、バランスは大事です。

すべてをポジティブに変換出来る智恵があれば、どんなことも何倍にも自分の力にすることは可能です。
このような意識力を持った生き方をするには、悟り系の智恵がどうしても必要になります。
癒し系のエネルギーに満たされながら、悟り系の智恵を理解して行くことは幸せなことです。

偏らない、悟り系癒し系だけでなく、何にでも通用するバランスの秘密を知ることです。
最後に少し厳しい言葉になりますが、真理の言葉は一般の人には危険ということについてです。
それは何か肉体的にダメージを受けるという意味ではありません。

言葉の意味の取り方次第で、自分の人生の何年か分、または大きなお金の損失につながるということです。
癒し系なら、こういうことはいくらでも起こりうるということは想像出来るでしょう。
自分を救い、守り、高めるのは悟り系の智恵と意識力です。

それを目指して一生懸命がんばっている自分を励ますのは、癒し系の愛と安らぎです。
この両方のバランスがうまく噛み合ったとき、意識成長はスムーズに行くのです。
意識的なことは本当に複雑ですから、慎重にならなければなりません。

根本から、それこそ根こそぎ間違えれば一生台無しになるのが精神世界なんです。
また、この人生で自分を最高に高めてくれるのも精神世界です。
現代は、自分の意識のすべて、それが真に鍛えられる世界にいると思ってもいいでしょう。

潜在意識開発するにも・・注意!「急がば回れ」、リラックスの意義 2007/03/20

「急がば回れ」、辞書を引くとこう出ています。
「急ぐときには、危険な近道より、遠くても安全な本道を通るほうが結局早い。安全で、着実な方法をとれといういましめ」この世的には、これが正しいかどうか?です。
いろいろな状況条件によって変わりますし、その人の意識次第、自己責任でどうにでもですね。

しかし、意識に関する勉強や潜在意識開発には、意味的には全くその通りですね。
「急ぐときには」、誰でも早く実現、そして出来るようになりたいですよね。
「危険な近道より」、安易で簡単という誘い文句。テクニックで本質、自分自身はカヤの外。

「遠くても安全な本道を通るほうが結局早い」遠くてもは遠いように感じるだけ。
直線の一本道がどうして遠いのか、それがどうして一番安全だとわからないのか、それだけ!
きっとそこを通る人が少ないから、その道が細く見えるだけなんでしょう。

みんなと相談しながらやれば何とかなる? 
知らないもの同士ではどうにもならないのにね。
潜在意識開発において、もし最初から何かに依存かテクニックのみで進めて行くなら、おそらく、大きな壁にあたって、そこまでの自分で終わりになるでしょう。 

例外は? ほとんど無いでしょう。 
素質のある人は、途中で気づくものです。
何度も言って来ました。潜在意識は自分自身の意識です。
自己固定観念からなる巨岩です。
潜在意識についても本当のことを説明するときが来ると思いますが、その前に意識を知るです。

頼るべきは自分の魂で、その方向です。
意識を知っていくと、援助はすべてそこから来ます。
真摯に努力するものがその援助を得るんです。 
例外、あるんですかね?
1日、ひとつのポジティブな言葉を考えるだけでもいいです。

ただし、継続しなくてはです。
守護霊、守護霊より自分の魂に語りかけてください。
守護霊には、期待しないようにしましょう。
自分の魂は、守護霊よりずっと上位です。
守護霊、私の守護霊ですか? 

私はこれまで意識して頼ったことは一度もありません。
でも、感謝の気持ちはあります。
守護霊に対しては、感謝の気持ちだけあればいいでしよう。
一般的に都合よく使われているハイヤーセルフ、魂としての意味は同じでも、集中が違います。

チャネリングというものもありますが、このことも私は昔から知っていました。
しかし、私は最初から意識的に嫌っていましたので、チャネリング一度もやったことはないです。
チャネリングの内容を見ても、私にとっては意識向上どころか、いつも?ですね。

意識段階における通り道としてのチャネリング、他の存在との交信?他の存在の信頼度は?
それより、自分以外とチャンネルを開くより、自分の魂、その方向の世界とのチャンネルです。
何よりも、信頼できるものは他ですか、それとも自分の内ですか。

メッセージ、どうして他が信頼できるの。 
信頼できるという根拠は?
「私は高次元の存在の・・・」だけでは、私は認められないんです。
私は振動で見分けるんです。
現代は、スピリチュアル的なものがどんどん出てきているようですが、もちろんいい方向です。

しかし、別な方向に向けて行く人もいるので注意です。 
こういう世界は難しいですね。
今大流行なのは、天使系ですか。
天使は何ですか、夢、メルヘンの世界ですか、何かしてくれると思っているんですかね。

私は、けなしているんではないんです。
目的に合わせて、使い分けることが必要だと思っているんです。
子供たち用、精神世界初心者用、占い用とね。
それでヒーリングですか? 
近いうちにヒーリングについて、暗示力について書きますね。

内的自己意識確立というのは、大変にきびしいことなんです。
これは自分の思い通り、勝手を通すこととはまったく違います。
すべてがプラスにポジティブに、最高自己意識につながらなければ、それが自覚できなければ、せっかく時間をかけているのに、となるでしょう。

意識的、急がば回れで行くことです。
自己責任における、善、真実、真理側から判断できる自分になることです。
これは、自然に真のアセンションにつながることで、アセンションなんて特別なことではない!

アセンション!真実を知らないものが、心配不安を持ち出して、ただ騒ぎ立てているだけかも。
思考を続けても、必ず人はあるところで躓きます。 
壁にぶつかるんです。 
どんな人も!

そのとき、あなたの頭は思考することを止めて、止めてというより、思考できなくなったとき、はじめて潜在意識が開きやすい状態になるんです。 
潜在意識の奥が無意識、その奥が魂意識ですよ。
この回路を開く準備が潜在意識開発準備!

焦っても、出来ないものは出来ないんです。 
潜在意識にも調整の時間を与えてあげなけりゃ!
潜在意識自体は優秀でも、あなた側の潜在意識の回路を開く調整のためなんです。
一瞬の回路開通が、そこを通して、何らかの気づきやひらめきがやってくるんです。

この分野で活動するのは思考でも心でもない意識です。意識の世界、潜在意識の世界なんです。
限定的思考、それは意識段階から言えば心だけの世界です。
ほとんどの人は、心はわからない広い世界だと思っていますが、とんでもない、早く目覚めて!

心!こんな狭い世界に閉じ込められているから苦しいんだよ!うつ病に注意!
外に対する恐怖が強くなると・・、扉が開いていても逃げない籠の中の小鳥もいるんだよ。
自由な何の制限も持たない内的動き、それが意識の世界です。
その世界が自分の意識となるように、そこからすべてのことを判断できるように、意識向上!

それが潜在意識の場、宗教、哲学、精神世界から離れた世界、真の自分を自覚できる世界!
潜在意識の世界が自分の世界になるように、少しづつ訓練ですね。
リラックスの感じを覚えると集中もしやすくなります。
あなたが仕事から帰ってきて、特に仕事がきつかったとき、暖かい風呂に入った感じです。

ゆったりと、何も考えず、心地よい風呂の温度があなたの疲れをときほぐしていく感じです。
その感じの印象を自分の意識に入れて、リラックスするときその感じを思い出します。
その感じを、意識から肉体全体に浸透させることが出来れば、気持ちも安定するでしょう。

これだけではないですが、このような感じのリラックスが瞑想に入る時の基本ということです。
潜在意識開発の基本・・・リラックスが出来なければ真の集中は理解できませんよ。

【ブログ内容の説明にも書きましたが、このブログは、私のセッションを受けた人のためにフォローという意味で書いています。
そのため、このブログが始めての人には理解できない面もあるかも知れませんが、私のHPにある読み物など全体を通して読んでいただければ、意識向上のきっかけになると思います】


自己意識を知る・・・自己意識の現実!とは 2007/01/26

せっかく意識の勉強をして行くなら、自己意識の現実!も知っておきましょう。
よく、「現実問題としては」「現実を知れ」「なんだかんだ言っても現実はね」とか・・
みんな、結構こんな言い方していますよね。
少し冷静になったときに出てくる言葉ですが。

それなら、このような言葉を出せるなら、少し冷静になって、自分の心や意識に向かって、自分は何だ、と問うてはどうかということで、そして、自分に正直に言わせることですね。
自分から自分の本音、叫びを、どのくらい引きだすことができるか。
自分でも見たくない、触れたくない自分が悪さをしてることも!

自己意識の現実!とは、いま、そのままの自分の意識、ありのままの自分の意識、それを冷静になって「素の自分の意識」を、しっかりと認識してみるということなんです。
難しいですか!  
自分自身のことですよ。

解かるかどうか、どちらにしても、はじめて自分の意識のあり方がわかるかもしれません。
意識って、おもしろい! 
意識の感じがつかめると、意識の世界はどんどん広がりますよ。
誰かが、意識の何を知らないのか、何がわからないのか、それ自体分からないと言っても、だから、意識の成長はできない、意識の勉強をしてもムダだということはないんです。

意識や神秘の知識だけを集めることが、自己成長とカン違いしている人も結構いると思います。
意識の勉強には、方向があるんです。
その方向の一つは、純粋性という本質の理解へ向かうことなんです。
ほとんどの人は純粋という言葉は知っていても、「純粋」その本当の意味は知らないんです。

純粋でも、絶対でも、完全でも、天使、魂、神でも、この世で通じる意味だけで考えていては、いつまでたっても、意識の目覚めは夢、幻のうつろの中でしょうね。
先ほど言った、意識の何を知らないのか、何がわからないのか、それ自体わからない、という人は、純粋性という本質の理解から入ることが、一番わかりやすいかもしれませんね。

それが、天使が待つイキイキワクワクの幻の世界へ、夢憧れの世界へ、まぁ、道草もいいが、意識の現実を知りなさいと言っても無理か、20代までは気づきのための若葉マークだね。
自己意識の現実、そこには、魂、霊、神、そのような高級性はありません。
無いというのは、いつも絶対無いということではなく、それはほとんど無いということです。

そこにあるのは、意識の勉強中にあるのは、自分の内的意識の調整と成長の感じです。
よく見つめてみれば、この世の現実だって厳しいですよね。
それなのに、意識の現実が何で別世界になるんでしょうか。 
どうしてすぐ楽になれるの!
別世界にいられるのは、努力して自分の意識を高めた人へのご褒美なんです。

神、霊的法則は、この世よりもっと厳しいんですよ。
夢、幻でその気になることは、霊的法則とはまったく関係のないところの意識です。
意識の勉強、自己意識の向上のヒントは、純粋性です。
この世に生きる人にとっては、純粋になることは大変厳しいことに感じるでしょう。

それは、本当の純粋の意味を知らないから、意識で感じられないからなんです。
意識の勉強とは、自己意識を知ること、それは、自分の真の霊性に気づくことでもあるんです。
真の霊性、それは、どんな人にもはじめから備わっている純粋性を通して気づけるんです。

その純粋性が何であるか、それに気づくために勉強するのが、意識の勉強なんですね。
それをもっと理解しやすくするためにやることが、自分をよく知ることなんです。
こう見つめてみると、一つの意識のワクの中で、知っているものと知らないものが、意識の段階において、単に分かれているだけということになります。

人間の意識って、おもしろいでしょ! そして、不思議ですね! 自分なのに!

自己意識を知る・・・意識成長に伴うこの世とのギャップ 2007/01/23

誰もが通る道だと思うんですが、もちろん私も少しおかしな気持ちになった時期がありました。
精神世界の勉強をしていくと、まただんだん自分の意識が高まっていくと、この世や自分と周りの人たちとの距離が、だんだん開いていく感じがしてくるんです。

それまで普通に接してきた仲間や周りの人たちが、低いレベルに感じてしまうんです。
かと言って、自分が完全に自信を持ててる訳でもなく、何かすごいことができるでもないのに、何故か、意識的にギャップを感じている自分、宙に浮いてどっちつかずの自分を感じてる!

こんな経験ありませんか? 
今、そうだという人もいるかもしれませんね。
そこにネガティブがそっと忍び寄り、耳元でやさしくささやく!
「そんなことやって何になるんだ、このままだとみんなから孤立するぞ、目を開けよ、よく考えてみろ、今だったらまだ間に合う、もっとみんながいる明るい世界を見ろ、ここまで一生懸命勉強して、何か自分のためになったか、自分が幸せになったか、何か出来るようになったのか、このまま人生を無駄にしたいのか、よくよく考えてみろ、たった一度の人生を楽しまないで死んでいくのか、もっとラクして楽しまなくちゃ、イキイキワクワク、幸せ、平和、それが愛なんだよ!」

あぁ!バカらしい。
ネガティブのワナ、こんなものは全部知っているから、いくらでも出てくるね。
まだこの程度なら気づくかも知れないけど、もっと巧妙なネガティブのワナがあるんだよね。
ネガティブにも段階があるんだよ。

ポジティブにも意識の段階があるように、ネガティブにも隠れた段階がというか、程度が。
意識レベルが上がっていくにつれ、当然つまらないネガティブは無くなっていくけど、その代わり、もっと執拗なネガティブ性が出てくるんですよ。
ここまで知らなくもいいけど、人がつまづいたとき、悩んでいるとき、迷っているとき、その間隙を突いて入ってくるのがネガティブ、そのネガティブがまた迷わせるんだなぁ。

選択、低級性の道に誘い込むにも、手があるんだよ。
いきなり、簡単、楽、イキイキワクワクは出さないで、とりあえず迷いの揺さぶりをかける。
もちろん、安易な何も努力しない道に誘い込むための入り口に向けて。
このことが冷静に判断できれば、そんなにだまされることもなくなるでしょうね。

そのとき、ネガティブについてよく考えてみれば、ネガティブがどいうものかわかるよ。
あなたが、このネガティブの正体を知れば、もっともっと、必ず強くなると思うよ。
適当な気持ちだったら、絶対にネガティブには勝てないでしょうね。

いくらその正体を知っても、うまくだまされてしまうんだよね。
さずが、ネガティブ! 
こんなもの褒めてもしょうがないけど、一応その巧妙さは褒めて、こんどは、その巧妙なネガティブに勝った自分をもっと褒めましょう。
意識向上は、ネガティブの段階による質を知って行くにつれ、すべての道が開けるんです。

ポジティブの言葉、そしてその意味、また霊的な真理の言葉などをたくさん知っていても、それだけでは、向上できないんです。
どんなに、自分がポジティブになろうと、その気になろうと、自分にネガティブがある限り、前には進めないんです。
分かりますよね、ネガティブが壁ということです。 

別な理由を付けたいのは分かるけど。
これも大きな霊的法則のヒントです。
つまらないことに振り回されないように、と言っても。
自分は十分に気をつけていると、思っても、いつの間にか、ネガティブの罠にはまっているんですよね。

いかに全人類が、この巧妙なネガティブにだまされ続け、その巨大な暗示にかかっているか、このままだと、アセンションなんて無理だよ!
このことが分かれば、自分が成長するとき、この世と自分の間にギャップが生まれるのは当然、そのとき、よく全体を冷静に見回してみれば、ネガティブが何であるか気づくと思うんだが。

意識向上の段階の初期に、この感じはやって来るんです。
こんなところで引き返してしまって、どうするんでしょうか。
ここを通り抜けたときに、始めて解かるんです。 
意識レベルの意味が!その感じが!
これは、どんな人も通る意識の道の、一番目の「関所」です。 

自己意識を知る・・・この世のどこに真実があるのか 2007/01/19

「自分を知る」この言葉にどんな意味が隠されているのか、まだ、はっきりと分かっていない人もいるかもしれませんね。
「自分を知る」という中には、物事に対して、真実に対して、また自分の心に対して、これらに、無意識に反応している自分の意識の動きに気づくということも含んでいるんです。

あなたを無意識に反応させているもの、その反応から出てくるものは何でしょうか?
それが、その反応から出てきたもので形成されている、あなた、となるんですね。
どちらが、本当のあなたですか!それとも、これとは別なあなたがあると思いますか!

どうですか、この分析の方法は、脳がひねられる感じですか。
分からなくても、少し考えてみるだけで、いい脳の訓練になるかも、ついでに意識の訓練にも。
物事の見方、考え方が、どのくらい広いか、深いか、高いか。 
時間的な要素も含めて、どのような判断、そして答えを出していくか。

人の評価批判も、ただ言われて悔しいと思うだけか、悲しいと思うだけか、腹が立つだけか、自分のプライドがどうのこうのと言う前に、もっと違う見方判断ができないのか。
自分を救うのは、ここに入った理解、意識にしかないことが分かりますか?
あなたも含めて、人を批判攻撃するにも、どのくらいの根拠、確信があるのか、何を基準にして、どんな自信を持って、人を制しようと思うのか。

また、人から言われることで、ひどく気にしてしまうことがあれば、それで苦しみ悩むなら、その言葉がどんなに真実であろうと、すでに、自分に自分が負けているということだよね。
その前に、気にして傷ついたと思う前に、自分を守るためにやることが何かあると思うけど。

何故、私がこういうことを言うのか、それは。
私自身「自分を知る」これが非常に欠けていた人間だったからです。 
それで、大変な思いをしたからなんです。 
私がいろいろ書いていることは、自分が経験したことがほとんどなんですよ。
この私のバカさ加減、無知さ加減、これと似たものが、あなたから少しでも無くなれば、どうなるでしょうか。

人がどうやって良くなるか、成長するか、意識向上とはどういうことか、そしてその結果は、私は誰よりも、よく知っているつもりなんですが。
私は、この世が、人が、自分が、何が何だかまったく分からなくなったことがあるんです。
それは、20代のことですが、先輩、上司、同僚、友人、その他私と関わったすべての人、このような人たちは、その当時の私からみれば社会とかこの世の真実と思っていました。

その頃の私は、この勉強をする前でしたので、無知そのものの人間だったんです。
そんな人間が、ここまで意識を変えたんです。
あなたも希望が出てくるでしょう。
その時の私もそうでした、今のあなたも同じ?かも知れません。
  
だから、いろいろな人の言うことを真に受け、悩み考え、自分がおかしいのか、何が本当なのか。
答えが分からないまま、楽天的無知を通すしか、これしかなかったんです。
自分を壊そうとして、少しおかしなこともしたみたいです。
そして、30才からこのような勉強を始め、理解が増すにつれ、だんだん本当のことが、もっともっと追求して、さらに本質的なことが見え始めたとき、一つの答えが見えたんです。

誰も、何の根拠を持っていないじゃないか!
よくそんなものを信じて生きていられるもんだ!
私をうそで信じ込ませた、あんたの本当の自分は、いったいどこにあるんだ!
「それがこの世というもんだよ」これも、何も知らない人間が言う、無知の悟り風自己逃避だ。

誰かから聞いたこと、本で読んだこと、それに飾りを付けて、自分にしているだけじゃないか。
みんなして、お互いに飾りの付け合い、でも、そう信じこまされていたあんたも犠牲者?かも。
無知な私であっても、このような勉強をし始めてから、意外と早く気づいたので楽になった!

そのとき、本当に反省、そして絶対を誓ったのは、「無知からの脱出」でした。
知らないから悩む、苦しむ、このことは前から何となく感じてはいたけど、どうすることも出来なかった、誰も教えてもくれなかった、そんな本も無かったねぇ。今は?
早く分かっていれば、悩む時間がそれだけ無くなっていたかもしれないのに。

そうすれば、自分のやりたいことにも時間が回せたのに、そうすれば、今頃!となるんですが、これもタイミングかも。
これを見逃さない人が、何事も早く達成させるヒントを掴むんだよね、ちょっと意識にメモ、てとこかな。
やはり、何かがあって、いかにそれに隠れている意味に気づくかということになるんですが、そう簡単に、若い頃から気づくなんて出来ませんよね。

もし、若い人がこれを読んで、ここで私が言おうとしていることに気づけたら大したもんだよ。
もしそうなら、早いうちに自分の目標達成、願望実現が可能になると思うんだが、でも、努力だね、気づいた人は絶対、本当に努力するんだよね、何故、次が楽しみだから!

誰だって、人であれば、自分自身をよ~く見つめて、一つ一つ積み重ねて行けば出来るんです。
私が今、だれか一人の人間を分析判断するように、20代のころの自分を完全分析すると、人並み以下の無知だったと思いますよ。自分で言うのもおかしいけど、間違いありません!

今だから、自分の過去を見ると笑っちゃいますよ。
あのままだと、今頃、この世にいないねぇ。
それが、今となっては、270度以上自分の意識が変わちゃったんですよ。
何がどうなったら270度以上か、きっちり自分で自分を判断して確信してることです。

しかも、誰にも相談せず、自分一人で変えたんです。
きっかけさえつかめば、意識を変える勉強は、自由に一人でも出来るということを言いたいだけです。
どんなことをどれだけやって来たか、それを言うと、少なくてもあなたの何倍も努力、努力、そういうしかないですね。

だからといって、私と同じことする必要はないです。
でも、こうして、少しずつでも私が変えてきた意識、その中で気づいた大事な本当のこと、それを気づいてもらえるかどうかは別として、こういうことも必要かと思って書いてます。
神秘、霊的なことでも、見方勉強の仕方さえ分かれば、これも楽しいことの一つになるんです。

何故なら、どんどん自分が良くなっていくんですから、それが全部役立つんですから、
こうなれば、楽しくなるのは当然だと思いませんか?
真実であって、向上できて、楽しい意識の勉強、それが私のやってきたことなんです。