HPの内容説明

HPの内容説明・・気づき成長のためのホロスコープ(2) 2008/01/17 

自分の持って生まれた意識の傾向を知る。
そういう点では、私がその方法を知る中でホロスコープが一番役に立つものです。
気づかなかった自分の意識をはっきりと確認していけるということでも、
ホロスコープは気軽に活用できる不思議で大変優れたものです。

私は、人間意識について相当深く研究して来ました。
そしてこの智恵は、このホロスコープ解読にも十分に生かされています。
私の活用しているホロスコープの解読方法ですが、その基盤となるものは自分で創ったものです。

他にもやることがあったため、それは最初に創ったままの状態ですがそれでも十分に使えます。
今のままでもかなりのことは解読出来ますが、出来るなら早く手直しして、今年中にはしっかりとしたものを完成させたいと思っています。
それが完成すれば、全く新しい心理療法が行なえると考えています。

実際、すでに私はホロスコープからの意識解読を、悩み解決方法の一つとして活用しています。
私がこれまで集めたデータ、そしてこれから集まるデータは、生きたホロスコープのデータです。
占いをする人と私の方法の違いははっきりしています。

もし、私が占いをすれば相当なレベルに上がることもはっきり解ります。
占いとしての占星術を目指す人は、はじめは出生図の解読方法から詳細な部分まで勉強します。
それからは、占いに必要な心理、潜在意識、精神世界、霊的世界という順序で勉強です。

占いは人間意識全体を知っていればいるほど読みも深くなります。
私がいう生きたデータとは、こういうことです。
私のところに来る方は、悩みや心の問題、意識レベルを高めたいという方です。
ホロスコープを見ながら、過去から今までの自分の意識の状態を見つめて行きます。

私はホロスコープに出ている前世、または潜在意識、全体的今生の意識を説明して行きます。
そして問題となる、つまづいている、障害となっているネガティブ意識を指摘します。
このように真剣に、ホロスコープに出ている意識が本当かどうかで向き合えるのです。

これまでのデータから、相当な確率で的中する意識の読みも深くなって来ています。
あとはホロスコープ全体を関連させて読んで行けば、その人の意識全体が浮き上がって来ます。
若ければいつかホロスコープに出ているネガティブを経験するでしょう。

今悩んでいることがあれば、おそらくホロスコープに出ているとおりのネガティブの中でしょう。
早めに自分のホロスコープを知っていれば、自分の将来の道を事前に良い方向に向けられます。
このようなネガティブ意識は、カルマとか言われ、それは前世からのものです。

その前世的な意識まで分析し、それが今生でどのように自分に関わって苦しめるかを説明します。
自分のネガティブやマイナスな思考方法、根本的な悪い癖が変わらない限り、何時とか、将来がどうなるとか、簡単に答えは出せません、というより出るわけがありません。

もしそれでも、幸運にも良くなるとすれば、それは前世からのものです。
前世からのものであれば、当然ホロスコープにも何らかのものは出ているはずですが。
大事なことは、ホロスコープによって説明した、自分のネガティブに気づくということです。

その気づいたネガティブを、今度は将来に向けどのように変えて自分から外していくかです。
ここからが私の本当のネガティブ解放療法となるのです。
ネガティブに関しては、私はそれには絶対負けないくらいの意識を持っています。

それは私が今まで自分にやってきたこと、克服してきたことです。
それは私の勝手なやり方ではないのです。
すべての意識、霊的な真理までを、意識的に自分のものにして来た力とその証拠があるのです。
ネガティブが何であるか、ポジティブとはどういうものであるか、すべてを知っているのです。

霊視などというものは使わなくても、その人の悩んで躓いている箇所、意識が解るのです。
私の言う意識をしっかり理解しようとする人は、自らを救う方向に向かえるのです。
これが占いとは違う、また占いでは無理な、そして生きたデータの積み重ねで出来る方法です。

この方法が確立できれば、本人のホロスコープを参考にしながら、真実性という点でも、新しい心理療法としてたくさんの人を早く、納得した形で癒すことが可能となります。
とても神秘で、またはっきり理解して行けるので、気持ちよく進めることが出来るものです。

このホロスコープを使うことも、他の心理療法をするにしても、大事なことは一つだけです。
それは、意識の勉強です。
ホロスコープを通して本当に自分の意識の傾向を知ると、その重要性が解ります。

自分の意識やネガティブを知ることが出来れば、本当は幸運なのかも知れません。

HPの内容説明・・気づき成長のためのホロスコープ(1) 2008/01/10

普通、心理療法などでホロスコープを使うということはほとんど考えられないと思います。
私がどうして占星術のホロスコープを活用するようになったか、それから話してみます。
心の問題を解放するセッションは、最初の頃はポジティブ変換的なものだけでした。

ただ、その頃から、私はクライアントさんの悩みの根本意識部分を無意識的に感じていました。
この感じも、直感的なものからリーディングと言われるようなものまでいろいろです。
その他にも、今でも全くどうしてか解らない不思議なことなんですが、いきなり無意識からクライアントさんの潜在意識状態をはっきり教えられることもありました。

いろいろ解るのですから、私はクライアントさんに本人の潜在意識について説明しました。
もちろん、ほとんど間違っていないという自信を持っているからです。
そうすると、そのときのクライアントさんはどうなるでしょうか。
「どうしてそのようなことを言うの」という感じの不思議そうな顔をするのです。

いい雰囲気ではありませんので、そのときは私も気づきます。
きっと自分に対して不信感を抱いたに違いない、ということです。
今でも確信していますが、間違いなくその人の潜在意識は読んで解っているのです。
しかし、問題はクライアントさん自身が、自分の潜在意識に気づいていないということです。

私のほうがクライアントさん自身より本人の意識を知っているということになります。
でも、クライアントさんは、いきなり言われてもその事実を受け入れられないのです。
自分の潜在意識に気づき、それを中心にネガティブを崩して行けば早く解放されるんですがね。

このようなことになると、逆にセッションがスムーズに行かなくなりますので注意はしました。
このようなことを続けながら、私は長い間いい方法はないかと考えていました。
いい方法とは、クライアントさんが自分自身の潜在意識を受け入れられる方法です。

しばらく経ってからですが、たまたま私のところに占星術に詳しい方が来ていました。
その話しを聞いているうち「もしかしたら・・・」とヒントとなることに気づきました。
占星術で少しは意識に近づけないか、それを元に潜在意識に入り込めないかと考えたのです。

早速占星術の本を2冊買って勉強。でもチンプンカンプン!何がなんだかさっぱりわからない!
もう1冊、ホロスコープのソフトの付いた本を買い、ネットでもたくさん調べて猛勉強。
2ヶ月半くらい、それだけを徹底勉強、でも不思議!やればやるほどまとまらなくなる。

私は占星術に触れたのは、このとき初めてでした。
一人で早く覚えるのはきついと思っていましたけど、でもそんなに時間もかけられないのです。

占星術であっても、決して複雑な勉強はしていません。
それでもやればやるほど空中分解してしまいそうになるのです。
この苦しい占星術の勉強で気づいたこともたくさんあります。

占星術をやっているベテランの方の占断もいろいろ調べてみました。
そのどれを見てもみんなばらばら、基準となるはっきりとしたものは何もない感じでした。
ある程度占星術の基本が解れば、みんな好きなようにやっている、ということです。

これでは、基準となる見本もないのでスムーズに解読できないのも仕方ありません。
これで、あきらめ、もうこれ以上は無理となり、最後にもう一度自分のホロスコープを見ました。
そして、少ない知識で自分のホロスコープを見ていると、そこで新しい発見があったのです。

「待てよ!自分はこの通り生きている、ホロスコープの通りの人生ではないか!
そうか、意識か、ホロスコープは意識、潜在意識で見れば読めるんだ!」
私は、2ヶ月半一所懸命勉強したことを、潜在意識的に自分のホロスコープに当てはめたのです。
大変苦しんだけど、こうして最後にホロスコープを活用するいい方法を見つけたのです。

それから2日かけて。
12星座と10天体の組み合わせによる120通りの潜在意識パターンを作りました。
その他、ハウスとアスペクトを主要なものを本やネットから集め一通りのものを完成。

あとは、西洋占星術の占いデータがどこにもなかったので、仕方なく、全く出生図が西洋占星術とは違う、インド占星術のサイトの占断データで勉強したのです。
そこにある一人一人の西洋占星術ホロスコープを作って、そのたくさんの占断を研究したのです。

インド占星術で占ってもらっている人の意識だけを抜き出しての研究ですが、これも大変でした。
ある人数のデータを意識的に分析し、それで大体の潜在意識や隠れた意識を読めることに成功。
さっそく、その作りっぱなしの方法で、たくさんのクライアントさんに無料で活用しました。

無料といっても、データの表を作り、それから説明するクライアントさんの意識を分析します。
当日、ホロスコープを見ながら潜在意識や隠れた意識を問題点と関連させます。
その他、前世まで推測しながら、ネガティブ解放へとつなげることもしばらくやっていました。

この下準備だけでもけっこう時間がかかりました。
私の思ったとおりでした。
クライアントさんの出世図(ホロスコープ)を見ながら、潜在意識の話を進めて行きます。
自分の生まれた時の星座と天体の配置ですから、これは疑っても仕方ありません。
こうして潜在意識のことを説明して行きますと、ほとんど抵抗なく受け入れてくれます。

このように進めていくことで、問題解決がとてもスピードアップして行くようになったのです。
もう私はおかしな人間と思われないで済むようになりました。
このブログでも説明出来たことで、ホロスコープ活用の意味も納得していただけたと思います。
またこの占星術の勉強で、占い全体についても話が出来るようになりました。

まずはっきり解ったことは、占い師の力量や意識レベルは解読に大きく影響するということです。
本当に自分の人生がネガティブに影響されてしまうことがあるので注意が必要です。
私が占星術の勉強をしたのは3ヶ月弱ですから、あまり複雑なことは使いません。

本来占星術にある複雑な方法も、何とかして当てたいという人間のあの手この手の思い手段です。
私は占いをする訳ではありませんので、そのようなものも必要ありません。
未来を見る方法もあるのですが、それは必要ないどころかそれも考えものですね。

物事をとても気にする人は、占ってもらわないほうがいいでしよう。
良いこと言われれば誰でもうれしいのですが。
根本的に人間はネガティブですので、いいことは少ないはずです。

HPの内容説明・・ポジティブ変換療法 2008/01/03

この「ポジティブ変換療法」も私のオリジナル療法です。
この療法は、「ネガティブ意識解消療法」と本質的には大きな違いはありません。
大きな違いがないというのは、結果的に「コアステート」の状態に持っていくからです。

それは、コアトラ的なプロセスで誘導するか、潜在意識的に分析していくかの違いだけです。
コアトラ的になると「パート」というものが間に入り、その問答の誘導があります。
「パート」からの返答がなければ、コアトラの療法は進めることは出来ません。
そうなると途中でストップ、これで終われば、時間もお金も無駄になります。

そんなときは、「ポジティブ変換療法」に切り替えて進めることが出来ます。
この方法は、本人の潜在意識に重さなっているネガティブの思考による分析解放です。
前世的なことまで推測し、執拗なネガティブを理解と納得で弱めて行きます。
解りやすく言えば、すぐに変化する感覚を望む人にはコアステート体験による、ネガティブ意識解消療法(コアトラ)を。

誘導は苦手で、思考的理解納得で自分を変化させたい人には、ポジティブ変換療法になります。
私にとっては、どちらもクライアントさんの深い意識まで入って行けます。
本当のことを言えば、その解決の答えも早くに解っていることが多いのです。
ただ、その答えをすぐ説明したとしても、それで即解放解決とはなりません。

クライアントさんが順に理解して納得して行かなければ、本当の解放とはならないからです。
私の無意識的読みを考えれば、霊視でも天使やハイヤーセルフなどからのメッセ-ジでも、そういう方法と言っても通用するでしょう。
でもそういうことには全く興味がないのです。
 
大事なことは、クライアントさんが、これから先、自分の将来に向けて、自分の成長と一生使える力になっていくものを教えることだと思っています。
悩みが解決したという感じは、気持ちも楽になり、すべてOKという感じになります。
でも、さらに少しでも意識の仕組みを理解して行けば、もっと安心と内的な力が得られます。

悩み解決と悟った感じが持てれば、そのセッションもお互いにとても充実した感じに包まれます。
私はいつも疑問に思うことがあります。
悩み相談などでスピリチュアル的にハイヤーセルフとかリーディング、天使からのメッセージ、こういったものを一方的に、よくそのまま受け取れる?理解納得しなくていいのかなぁ?です。

私のポジティブ変換療法は、悩み解決と悟った感じですから、そのネガティブが何であるか、どうしてそのような苦しみに変わってしまうか、前世的には、その人の意識と物事の本質、ポジティブネガティブの正体から見た理解納得の仕方とか、結構、私のすべての智恵を使って進めて行くんです。

すべて本物、本質レベルですから、そのときだけではなく、一生使いものになることばかりです。
実際やっていることの裏を話しますと、これは私の思いですが、この悩み解決の方法は、自己ネガティブ解消のクライアントさんと協力して行なう意識的修行だと思っています。

修行的な内容ですから、悩みから解放されるのは当然で、その人にとっては「悟り」なんです。
このような形で、セッションが終わるときにクライアントさんが言ってくれる言葉は、「面白かった」です。 
私のほうからも「面白かったでしょう」ということもあります。

悩み解決が面白い?
私の狙いはここで、このように近づけたいと思っています。
今まで知らなかった本質レベルの意識が理解出来、ネガティブのあり方やそしてポジティブなど、その仕組みを輪廻転生とともに自分の意識を考えたり、その他にも潜在意識レベルの話と分析、全く他にない方法でその人のネガティブを潰しにかかるのです。

これらの内容や自分の意識を知ることで、本当は悩み解決という重苦しさで来るのですが、理解納得によるネガティブの解放、不思議な解放感で結果的に面白かったとなれば最高です。
クライアントさん自身の意識です。
良くなって行く、未来が見え、やり方が解る、となれば結果的に面白いはずです。

これに、ホロスコープ解読まで加わると「なるほど」となります。
私ははっきりいって、ネガティブには相当強気で、ネガティブをバカにしています。
ネガティブはバカにしているのは、私は普通のネガティブには絶対負けないからです。
ネガティブはバカにしていますけど、クライアントさんをバカにしているのではありませんよ。

ブログや他の読み物の意識説明では、いろいろな人が読んでいますので、一定レベルで淡々と書いています。
これはこれで仕方ないと思います。
でも、セッションはその人の意識そのものに焦点を当てますから、何が何でも良くしたいのです。

答えはあるのです。
ただ、人によっては理解納得するためには時間が必要なこともあります。
次回は、ホロスコープ解読の話になります。
ホロスコープ解読を入れた私の心、意識の療法は、悩み解決療法というよりは、意識の勉強みたいな感じがします。

私からみれば、「悩みなんかではない、本当のことを知らないため中でもがいているんだ!」となります。
こうやって、早く解放して楽になりなさいと、中から教えてもらっているのです。

HPの内容説明・・サハスラーラ集中・瞑想法(2) 2007/12/20

サハスラーラの集中は、真理、原理、霊的法則が相手です。
魂、神、霊が集中する方向です。
こう言うと、相当きつい訓練のように感じると思いますが、実際はどうなんでしょうか。
よく理解してもらいたいことがあります。

私自身もいきなりこのような最高レベルに集中出来た訳ではありません。
私はいつも自分の魂だけに焦点を合わせるだけで、他は一切不要と言って来ました。
これは最初から今でも変わりませんし、これからも変わることは絶対ありません。

私が最初にやったのは、最初といっても5,6年はやっていたと思いますが、それは、ただ松果体を意識して振動させるということをやっていただけなんです。
何がどうなるか、それでどうなるかなど何も知らないでです。
私が信じていたのは、先ほども言いましたが、自分の魂とつながる回路を開くにはこれしかないと思っていただけなんです。

はっきり言って、どうやったらうまく回路が開くか、どうやったらつながった感じがするか、そんなことの知識も無しに、ただその感じを少しでも得るためだけに、一生懸命やっていました。
面白い人間でしょう。何の目指すお手本もなくただ必ず何かが解るという信念だけでやるんです。

本当にいろいろな振動方法をやりましたよ。
それでだんだん何となくそのようになって行ったというわけです。
大して何か大きなことが出来るということも考えずにです。
ただ、自分の魂との回路が開いてくれば、それで何とか、何でも思ったようになるのでは?と思っていました。

途中からは、私が行って来た瞑想の方法がヒラメキのようにやって来ました。
それが、このサハスラーラの集中訓練のためにあるような瞑想法で少し不思議な感じがしました。
サハスラーラ集中瞑想法は、このように最初は訓練です。
十分に慣れるための訓練です。

何か大げさに、ムキになって訓練するものでもなく、またそうしてもだめなものです。
ただ、その振動に近づくことはすぐには無理なので、早くに訓練を始めたほうがいいだけです。
冒頭で述べた、本格的に集中する対象はもっとその後からです。

私はこの集中で、その先どうなるか知らなかったと言いました。
ですから、いつもどうなるか試しの感じで5,6年やっていたのです。
こんな感じですが、だからといってこんな方法を指導するのではありません。
いろいろなことを知っていますので、それをきちんと整理した一番いい方法を指導するのです。

当然瞑想も必要になります。
このためだけの瞑想ではありません。
サハスラーラ集中だけでなく、意識全体に通じる瞑想法です。
意識の勉強や自分のネガティブを外していくポジティブ意識の強化などは、これと同時進行です。

サハスラーラの集中訓練は、ポジティブな意識でなくてはなりません。
そうでなければ、霊的な振動が意識的に解るということが困難になるからです。
だからといって、ポジティブ意識になることは、この世から離れるということでもありません。
その反対です。 

この世の意識を自分の意識の中に部分としておくことなんです。
一般的に、ほとんどの人の意識はこの世から高級界を分離して考えています。
サハスラーラ集中では、これとは逆に高級意識からこの世を分離するのです。
いろいろ慣れていくうちに、だんだんこのような意識状態に入って行きます。
これをすぐにやらなければならないとなると、私でもやらなかったかもしれません。

自分に合った方法で段階を踏んでいくから出来るのです。 
あくまで自分のペースで。
いつの間にか出来ている自分がいると、こんなうれしいことはありません。
すぐに簡単には、ありませんよ。
そんなことない!という人もいるでしょう。

じゃ出来るなら、努力無しでやってみてください。
このくらいの意識で集中訓練しなければ、インスピレーションの回路は開かないのです。
今私は文字を通して説明しています。
この程度の分量ではとても納得させるだけのことは書けません。

実際話して説明するのと文での説明では、かなり受け取り方も違うと思います。
根本は意識ですので、本当の意識の話は面白いんです。
学問ではないのです。 
死んだ体の解剖学を勉強するように、死んだ人の心理を勉強してもつまらないでしょう。

死んだ人の心理とは、生きている自分以外の誰かの心を見つめても面白くないということです。
自分を知って、神秘が解って、そして自分が成長するのが面白くない人がいるでしょうか。
それに気づけないのは、やはり、これまでの意識の勉強法が間違っていたというしかないですね。

サハスラーラの集中は自然なことです。
それだけをムキになって訓練しても、すぐには何も起こらないでしょう。
何故でしょうか。 あなたの意識は魂側からすべて見られ知られているからです。
そのことがどういうことかをよく知って、自分の意識構えをしっかりさせることが必要です。

この世の多くの人がつまづく原因は、このような霊的なことを出された時、それを、信じるか信じないか、のどちらかで迷うからです。 
いつもそうです。
その挙句、見せかけに向いて行くのです。
結局、その見せかけを自分が本当に信じているかどうかの自己検証もしないでです。

私が信じるか信じないかの根本的選択法を説明してもダメな人もいます。
そういう人は、自分の中に信じる力の魂からの光が少ないからなんです。
意識の力、それは狭いこの世だけにしか通じない意識では解らないのです。
この世の意識がどのくらい狭いか、もしそれを知ったら唖然とするでしょう。
サハスラーラの集中、これは魂、神と触れる回路を開くための訓練です。

都合のいい考えいい加減な気持ちでやると、何も起こらないかもしれません。
逆に、本当に真剣に向かう気持ちのある人には、魂の援助があるでしょう。
その意識、根本、基本的な意識を知りたいと思う人にはきちんと説明します。
私は何でも本当の答えはあると書いて来ました。
それが、理解の段階なんです。

私がいつも言っていることなんですが、そんなに自分の都合にいい方法なんてないのです。
まして、サハスラーラは霊的振動に関係するものです。
どうして自分の魂、創造神に霊的意識的同調もしないで、自分の勝手な思いだけで、願望が簡単に実現できるのでしょうか。

だから、悪の手にこの力が渡らないのです。
このようなことがみんな簡単にできれば、すぐ悪用する者が出て来るんです。
これは真の集中法です。 
いつどうなるかは、あなたも私も知りません。
あなたの魂のみが知っています。

その話は、私が体験したことで話すことはできます。
私は25年間サハスラーラに集中して来ました。
これからも死ぬまで集中して行きますというか、この振動はもう外せません。
私は、もう二度と外すことの出来ないこの振動に、とても幸せを感じています。
サハスラーラだけでなく、私が言ってきたことをどう捉えようとかまいませんが、私の言うことを信頼できる人はこの意識の勉強を続けてください。

それはあなたのためになるだけです。
私は自分自身のためにいろいろ研究し、その結果をこのように書いています。
私はセッションで言うことや、読み物などに書くことで自分自身を縛っています。
いつも一貫して通して行ける本物の道を歩くためです。
きれい事は言いません。

人のためとかお手伝いするとかいう気持ちもありません。
ただ、真剣に求めている人には、私も真剣に接し、どんどん良くなってもらいたいと思います。
自分の認めたこと、その実践体験した結果が人の役に立つことはうれしいと思うだけです。

私は自分のためにやっています。
あなたも自分のためにやってください。
「自分のため!」なら偽りの心で無く、真剣にできるでしょう。

HPの内容説明・・サハスラーラ集中・瞑想法(1) 2007/12/13

超意識、超能力、潜在能力などの開発方法はどのようなものがあるのでしょうか。
私は他の方法は何も知りません。
しかし、それに関する何かの方法を私の前に出されれば、それが本物かどうか、
すべての分析能力を働かせてその方法についての報告は出来るだろうと思っています。

その分析調査する大基本となるのは、サハスラーラの全知識と全意識なんです。
サハスラーラの振動訓練は、一生やって行くものです。
私自身は、もうこの振動から離れることはできません。
私のサハスラーラはいつも振動しています。
体の部分で、存在感の一番感じる部分はどこか、と聞かれたなら。

私はすぐにサハスラーラと答えます。
何かに集中するときは、その対象となるものに集中するというのは当然です。
瞑想では、心地よさを体験するための瞑想も多いでしょう。
チャクラの集中、オーラを見る集中、人の意識波動を読む集中、集中にもいろいろあります。

しかし、その集中のあとはどうでしょうか、瞑想後の心地よさもだんだん消えて行きます。
集中は、そのあと何も残らないのです。
では、サハスラーラの集中はどうでしょうか。
これも訓練自体は、他の集中と変わりないでしょう。

しかし、長いあいだこの訓練を続けていくと変化が現れてきます。
それはだんだん強くなって来ます。
考えられないかも知れませんが、サハスラーラが勝手に私に集中しているという感じです。
今の私は、瞑想してサハスラーラに集中するということも必要ありません。

私のサハスラーラは四六時中、心臓の鼓動と同じように途切れることなく振動しています。
そこから振動音、それも意識的なものですが発しているのを感じます。
その振動は、邪魔になることはありませんがけっこうはっきりした大きさです。
こうして私はいつも自分の中心を感じています。

何をするにしてもこの振動が中心で、それから離れることも自分を見失うこともありません。
潜在意識や潜在能力開発には集中力が必要です。
この開発方法として、現在はどのような方法があるかはわかりませんが、
意識開発において簡単、楽に、早くは絶対ありません。

簡単、楽は誰にとっても望むところですが、意識において電子レンジ的なものはないのです。
それでもその気になる人がいるのはどうしてか、私はいつも不思議に感じます。
いろいろな方法を探して自分に合った集中法や訓練方法が見つかれば、それを信じて、一生続けるべきだと私は思っています。  

真剣に一生続けるというくらいの意志がなければ、それこそ早く上達することも難しいでしょう。
とにかく瞑想と集中は、意識開発、能力開発には細かい理由は説明しなくても絶対必要です。
望んだことがすぐ実現し欲しいものがすぐ手に入れたい、というのはみんな同じです。

でも、これだけは、意識の世界だけは違うのです。
私が指導するサハスラーラの訓練は、瞑想と一体となっているものです。
私が指導したり書いたりしている意識のことは、一つの一貫した道があります。
カバラとか生命の樹(セフィロト)というものを、聞いたことや見たことがあると思いますが、私はすべての意識をこの生命の樹の理解によって訓練して来ました。

その意識を教えたり指導したりしているわけです。
私のオリジナル護符は、その意味を理解しその振動を通して作っています。
その神秘性、その神聖を考えればこの護符を売るということは出来ません。
もし、誰かがこのようなものを作って売るならば、いくらになるでしょうか。
私も普通にサービスとして渡しているだけなので、その価値に気づいていない人もいます。

私が死ぬまで振動を送っていくのですから、それなりの価値があると思っています。
また、話がそれましたが、私自身の意識は、その振動と共にすべて生命の樹の理解によって同調しています。
この生命の樹の深い説明は、意識そのものですから出来ません。

この私の意識の理解を壊せる人がいるでしょうか。 
誰が否定出来るでしょうか。
この話は難しいので今まであまり話したくはなかっただけですが、サハスラーラの集中訓練は、このことをはっきりさせなければ、ただの精神世界のオタクにさせられるかもしれないのです。

「サハスラーラ集中・瞑想法」の指導は、最初は訓練です。
それは当然で訓練しないですぐ出来るほど簡単なものではありません。
それはそうですよね、意識訓練として最高レベルの振動訓練をして行くんですから。
でも、どんなものでも慣れるためにはしばらくは訓練から始めますよね。

すぐに簡単に出来る方法なんて、そのようなものは私の意識の世界にはありません。
このことはHPの説明のところにも載せています。
ちょっと訓練すればすぐ出来ると思っている、中には大きな勘違いしている人もたまにいます。

やはり時間とお金の無駄になりますので、始めに言っておいた方がいいでしょう。
どっちみちこのような人は他でお金を使いますけど、私はこのような人とは会いたくないですね。
やはり真剣に自分の人生を通して集中して行ける人にしか、回路は開かないでしょう。

先ほども言いましたが「生命の樹(セフィロト)」の図や「カバラ」の意味が大事です。
私のサハスラーラの集中や瞑想法は、この原理を理解してその道を開くためのものです。
その世界の意識とつながるように、その意識の回路を開くために十分に考え研究したものです。

私の場合、他にこの勉強をしている人よりは、とても有利な条件に恵まれていました。
それは、振動です。波動ではなく高級意識を意識的に知っているということです。
私はこれまでのたくさんの不思議体験で、しかも霊的高級意識とのふれあいで知った、霊的レベルの振動が無意識の中にあるのです。

あるというのは意識的に知ってるということです。
この振動レベルのおかげで意識段階や人の意識を意識的空間に位置付けできるのです。
物的レベルから無意識レベルまで、その振動の感じはいろいろなことを可能にします。

振動のキャッチは、この世的には波動キャッチでもいいのですが。
それは単純に、人のオーラを見る以上に役立つことなんです。

HPの内容説明・・ネガティブ意識解消療法 2007/11/27

前回に引き続き、コア・トランスフォーメーションの説明ですが、
今回は内容的にネガティブ意識解消療法で説明して行きます。
どうしてネガティブ意識解消療法なのか、一つはネガティブな悩みが解消されること。
もう一つは、コアステートの意識を体験することで、ネガティブが何であるか解ること。

この二つが、この療法ですっきりして、また不思議を感じてもらいたいことです。
霊的求道者、霊的修行者、神秘探求者、このような人の修行の第一関門は、コアステートです。
コアステートにも段階がありますが、何らかの高いコアステート(悟り)を体験することです。

このような人が、あるレベルの悟り的体験が無ければ、どんな修行をしても先には進めません。
形は変わっても、現代にもたらされるこの悟り的体験がコアステートと思ってもいいでしょう。
もちろんコアステートにしても、ある程度高いレベルでなければこのような感じにはなりません。

私は前から言って来たことは、悩み、うつ、心の病、その他いろいろな人間に関わる問題などは、すべて自分の意識を知る勉強の気づきだということです。
こう考えれば、何回生まれ変わりしても、これだけはやらなければならないことだとなります。
自分のことです。 

どうして自分の意識を誰かが勝手に変えてくれるのでしょうか。
自分を変える最大の気づき、ヒント、それが「ネガティブの本質を知る」です。
私がコアステート的な意識をはっきり体験したのは、今から15年以上も前になります。
私は3,4ヶ月うつ的になり、苦しんでいました。 

心も体も疲れきり、最悪の状態でした。
それは、前進できない苦しさです。 
あることが解らないからそれ以上前に進めなかったのです。
意識の勉強をしている中でぶつかった壁、それが「ポジティブネガティブの本質は何だ!」で、それを知らないと何も答えが出ないばかりか、前に進めないくらいのところまでいたのです。

それは、この世的、心理学的、精神世界的な、ポジティブネガティブの意味ではないのです。
それでも私はあきらめずに、毎日一心に集中していました。
そしてついに来ました。 
悟り、ヒラメキ、インスピレーション、このようなものです。

私は一瞬に心も体も最高になり、地球がひっくり返るくらいの感じでこの本質を知ったのです。
これがコアトラ本を読んだときにすぐ感じた、コアステートという意識状態でした。
このインスピレーションの後は、いろいろネガティブ相手に悟り(コアステート)の連続でした。

私はこのようにコアステートに関してはすべて知っていましたから、特に悩むことも無く、本を読んですぐセッションを行なうことが出来たのです。
特にNLPは私にとって必要ではなく、その本を読めばNLPもすぐ教えられると思ってます。
私がいろいろと書いている読み物は、すべてポジティブネガティブに関することです。

その完全理解によって、特に心理学も真剣に勉強したこともないのですが、人間意識のことは絶対的自信を持つくらいに知悉しているのです。
さらに、コアステート以上の悟り段階の生命意識まで知っていることによって、クライアントが体験するコアステートの段階まで解るのです。
私は、コアステートから生命意識の段階にまで至る意識回路の智恵を知ったおかげで、人の悩み、ネガティブ、が無意識レベルでどのようになっているかが理解できたのです。

悩み解消のセッションは、その部分を、その部分の回路をどうやって開くかだけに集中です。
もちろん人それそれ意識が違います。
しかし、私にとってはどんな人でも相対内での意識の位置を知ることが出来るのです。

これ以上の療法としては、コアステート、それにそれ以上の生命意識から考えれば、この療法以上のものは考えられません。  
この先も、このようなものと似たものは出て来ても、これ以上の療法は今のところ無いだろうと思います。
何故なら、もしこれ以上の療法になると、今度はクライアントの意識が問題となるからです。

今でもこの療法が広まっていませんから、次のことはどうでもいいのですが。
コアステートを体験出来ないクライアントもいます。
では、どうしてコアステートを体験できないのでしょうか。
いくつかの理由を並べてみます。

初対面(私と)で緊張する、パートがよく解らない(慣れていないことも)、考えてしまう、素直になれない(自分を出しにくい)、どこかで自分をセーブしている(始めから言いにくい)、最初から、まだ慣れていないこともありますが、自分のネガティブを出せない、出さない、これもコアステートを体験できない原因にもなります。

また別な理由としては、自分の内的な面も絡んでいる場合もあります。
今まで大きな苦労をしたことがない、自分について深く見つめたり悩んだりしたことがない、哲学、宗教、精神世界系の本を読んだことがあまりない、自分の将来に目的がないなど、このようなこともコアステートを体験できない、悟りレベルの関連として関連があります。

私は何とか意識回路を開いてコアステートを体験出来るように持って行こうと努力します。
コアステートを体験できない場合は、私が感じたことで体験出来ない理由を説明しています。
では、どうしてコアステートは問題をそれほど気にならなくさせてしまうのか、ということです。

この説明は理解する側に取って大変難しいものですが、私にとっても相当な秘密公開になります。
ただ、この説明を詳しくすれば相当長くなりますので、大まかにしておきたいと思います。
まず、大きく理解するためにインスピレーションを考えてください。

自分でこの体験のない人は、科学者などそのような人の体験でも結構です。
インスピレーションは一瞬のうちに「解った!」ですべて解決です。
インスピレーションは何だと思いますか? それは、生命意識でそれが求める答えや智恵です。
生命意識が自分の悩んでいる回路に一気に入り込んだのです。

どんな形でも、悩みの状態、行き詰まりの状態はネガティブです。
もちろんこのネガティブは、単なる悩みとは種類の違う無意識的に属するネガティブです。
生命意識は神側(霊的)からのエネルギーです。
純粋な霊的エネルギーに勝てるネガティブはありません。

インスピレーションの智恵に関しては、ここでは省略しますが、それも生命意識の中です。
このようなことのたくさんの体験は、その正体につなげて行く霊的推測を可能にします。
私たちは、悟りでも同じですが、コアステート体験による悩み解決というよりは、その生命意識のエネルギーの強さに自分の意識が反応しているだけなんです。

ここにも大ヒントが入っていますよ。
それで、そのネガティブが、悩みが、小さなことに感じてしまうのです。
ですから、そんなことは大したことじゃないと、なるのです。
回路を開くという意味が少しは解ったと思います。
私はそれに近づけるために、クライアントの意識を高めていくことをやっているのです。

このようなことは、今は解らないかもしれませんが、他では聞けない大ヒントなんです。
もちろん、この先の意識まで知っていますから、私はこのように確信できているのです。
私のHPにあることはすべて、このような意識一つで行なっているのです。

コアステートの意識状態は、誰でも一生に一度は、体験する価値のあるものです。

HPの内容説明・・量的内容的にもHPに載せられない大事なこと 2007/10/29

私のHPのリニューアルは、11月11日の予定ですが、今回はその内容についてです。
少しづつになりますが、一応HP全部の内容説明を考えています。
【な~んだ、自分のHPの宣伝か」と思う人は、この「HPの内容説明」は飛ばしてください。

では今後、このタイトル「HPの内容説明」を読まれる方に説明して行きます。
このブログを読んでいる人の中には、将来癒しの仕事を目指している人もいるかも知れません。
また、さらに自分の意識向上に意欲を燃やしている人もたくさんいるでしょう。
HPの内容説明は、このような人には十分に参考になるものです。

何故私がこのようなセッションを作ったか、私は何に焦点を当てて考えているか、また、このセッションを受ける人をどのように判断して考えているか、などなど書いて行きます。
このようなことは、よく解ると思いますが、とてもセッション紹介の説明文には書けません。

しかし、ここで書くことが一番私が言いたいことかもしれません。
人間意識の本質の部分が結構この説明の中に入っていると思います。
でも、セッション内容を説明していく文には、
私の思っている本質な部分を言っても仕方ありませんし、それだけでは伝わらないでしょう。

特に、これから癒しの仕事を目指している人には、私の本音の部分も入っていますので注目です。
参考、基準、他との比較、何にでも使えます。
現在私が仕事としているものですから、当然いい加減で無責任なことは書けません。

私が書くことをよく考えて欲しいと思っています。
よくある、ヒーラー、セラピストの本音、といった日記程度のものでもありませんよ。
今「意識の勉強」について書いている最中ですが、これもまだ続きます。
この「HPの内容説明」は、人間意識を考える上でも、意外に解りやすいかもしれません。

潜在意識の理解が難しいと決め付ける前に、いろいろ知って行くしかありません。
難しい、イコール知らないだけです。
それは、真剣に知ろうとしないのか、そこまでは、と思っているだけなのか。
こういう自分の深い部分のところも気づいて行けると思っています。

あと一つ、本当に初歩の人のために、また、いまこの勉強につまづいている人のために、一から心、意識を知っていくことを書けば、大体人間意識のことは揃ったことになると思います。
これはメルマガに載せることを予定しています。
11月中の発行を目指します。

このメルマガは、初歩、ほとんど心とか意識について知らない人のために書くものです。
私は来年から超神秘の集中に入るのですが、それで初歩的なことも考えるとなると?・・です。
とにかく、がんばって書いて行きたいと思っています。

ここで、メルマガの内容だけ少し説明しておきます。
現代の人は、大変精神状態が不安定になっています。この状態はこの先も続いて行くでしょう。
もうすでにこの世界にいる人は、私の書いたものや精神世界の本で勉強すればいいのですが、それすら解らない、これからどうやって勉強して行けばいいか迷っている人も多いと思います。

精神世界の本を探すにも、あまりにもたくさんあってまたまた混乱してしまうでしょう。
そういう人の中でも、このメルマガが対象にしている人は、今の子供たちや親です。
もっと本当のことをしっかり知って、この世の曖昧に流されないようになることが必要です。

今の子供たちを取り巻く環境は、子供たちまで非常に悪い影響を受けやすい状況になっています。
テレビニュースは、子供の犯罪も含め全く異常な感覚のものばかりが目につきます。
親と子供が心と意識について普通に会話できるように、そして自然に成長して行けるように。

それは、初歩から、親といえども子供の目線で考え、真実本質をしっかり理解して行けるように。
そして、何年か後には、このブログも楽に読めるようになるように。
このようなメルマガを目指しています。
半年、一年、2年と続けたいと思っています。 

子供さんも読んでもらいたいと思います。
このメルマガを読むことによって、自然にしっかりとしたものの見つめ方が出来るように。
そういう親、子供になっていくことを望んでいます。
自分たちのことは、子供のことは、誰が守って行かなければならないか、誰かに任せられるのか、この点をしっかり自覚し行動できる意識作りを目指して行ければと思っています。

あくまで、幸運、幸せは自らの手で掴み取れるようになって欲しいと思っています。
今の子供たちにも、本当のことを早く知ってもらいたいですね。
そのような時代が早く来るといいですね。
人間の意識は皆同じなんですから。

人は、本質を「知る」ことで、かなり楽になるのです。
本質を「知る」ことには、年齢は関係ありませんよ。