真精神世界

【1】 【2】 【3】

真精神世界(16)~意識向上(悟りの段階)の成果は、楽の実感!2018/10/15 

観念から離れ真理方向に向かってその理解を深め体得していく段階を悟りというが、またそれは意識向上でもある。
自分の意識を混乱させる迷いから離れるためには、必ず意識向上が必要である。
しかし、多くの人は難しい言葉が出てくると、その言葉に特別難しいものが含んでいると勘違いしているところがある。

特に、悟りという言葉になるが、その言葉を使わなくてもその意味は意識レベル向上ということと同じだと考えていいのである。
悟っていく段階は、特別な修行や何かの覚醒技法などを行うだけでは、到達の道が遠くなるだけである。
また、悟ったという言い方にしても、それがどの程度かをはっきりと示すことができないので大変曖昧で難しい言葉に感じてしまうのである。

「悟る、悟った」という言葉を使うことなく、それを意識レベルの段階で示した方がよりはっきりと分かりやすいものである。
そうすると、自分自身の意識レベル向上の目安にもなり、さらに意識レベルアップのために何が足りないか、また何が必要かまで気づきやすくなるのである。
しかし、意識レベル向上にしても、どのように進めていけばいいかは誰もはっきりと分からないために、長い間迷うことになる。

当然だが、意識向上で向かう方向は真理、神方向になるのは間違いない。
では、真理をどうやって理解していけばいいのか、また神とは何か、神を理解していくには神の何を分かっていけばいいのか・・・
これは、意識向上、悟りの段階の根底になくてはならない基本的なことである。
こう考えると、実際に分かっていないことだらけとなるはずである。

スタートからこの分からない世界をどうやって知り、また目指していけばいいのだろうか。
一般的意識から見れば、このような世界は全く見当もつかない何のことか少しも分からない世界に違いないのである。
意識向上の道は、絶対意識の勉強が必要な道でもある。

意識の勉強と言っても、何を指して言っているのか、また何をしていけばいいのかも、ほとんどの人が分かっていないといっていいかもしれない。
宗教は、神を知る道に入るのかもしれないが、実際はどの程度理解しているのだろうかと思う。
精神世界になると、今は意識向上など関係ないといったものもあるので、精神世界もいずれその中で分離が始まるかもしれない。

仏教そしてキリスト教、それ以外の宗教や教えは歴史を通してたくさんあった。
しかし、宗教離れという言葉があるように、時代が進むにつれそれは加速しているように感じる。
また、精神世界も、今は何か行き先を失ってきている感がある。
意識向上しても、それが何になるのかと思っている人もたくさんいるだろう。

こうなると、人は意識向上とか悟りとか言う前に、意識というものを全く理解していないということになるのである。
こんなことは今さら言うことでもないが、本当に心、意識というものが何であるか知らないという人は本当に多いのである。
心、意識が何であるかを知らずに、意識の勉強などできるはずもないのである。

ここまで随分長い前置きになってしまったが、今回から基本的なことに戻って、意識の世界を捉えやすく説明していきたいと考えている。
心、意識といってもその範囲は広いので、順序よくまとめながらの説明はできないと思うので、自分なりに整理しながら理解してもらいたい。
私自身も、この意識の勉強をする前は、本当に何をすればいいか分からなかった。

これから説明していくことは、たくさんの意識の勉強をしてきたことで私自身が確信していることである。
その内容が合わないという人は、それはそれでいいと思っている。
これからいろいろと話を進めていこうと思うが、その前に結論を先に言っておきたい。
その結論というのは、私の絶対的確信である。

それはどういうことかというと、意識向上や悟りという言葉に変えてその成果、または結果を一言で表現するなら、「楽」という言葉になる。
これからあなたは、絶対的「楽」を目指してはどうかと思う。
「楽」といっても、怠惰な気持ちや堕落していく意識状態ではない。
また、物的快楽を追い、その中で生きていくことでもない。

「楽」とは、この世の迷い、苦悩、不安など、要は自分を自由にさせないものから解放された意識状態である。
意識向上や悟っていく段階が上がると、この「楽」の域に入っていくのである。
これ以上の段階になっていくと、次は「楽」を土台に「解脱」という到達点が見えてくるのである。

ここで、どういう意識状態を示すか分からない「解脱」という言葉が出てきた。
「解脱」という、誰もが理解できない難しい言葉であっても、その前の意識はすべて「楽」になるということで少しはその感じが理解できるかもしれない。
余計な言葉や考えなどは横に置き、ただ「楽」を目指せばいいのである。
もちろん分かると思うが、ただ「楽」を目指せばいいと言っても、それは簡単なことではないということである。

だから、その道のずっと手前の初歩基本的勉強が必要ということで、いつも言っている簡単すぐにはないということも理解できるはずである。
ここで言う「楽」というのも、適当なものではなく「真の楽」でなければならないのである。
「真の楽」など、真理意識のことだから誰も分からないと思うが、分かりやすく真を極みとでも考えると、「真の楽」は「極楽」になるのだろうか。

どうも極みという言葉は、この世的限界を感じてしまうので、やはり真という言葉がいいようだ。
それは宗教でいう、どこかの地でも、どこかにある場所でもないのである。
その場は、人の意識の中にしかないのである。
意識の勉強を通して、悟りの段階や意識向上の道の到達点が解脱、そのあたりの意識になれば「楽」が内から湧いてきたり降ってきたりするのが分かるだろう。

だから「楽」は、自分が努力してきた結果であり答えである。
「真の楽」は、自分が努力しないで得られるものでも運次第で得られるものでも、絶対そのどちらでもないのである。
これも神の法則である。
今回は、「真の楽」を目指そうといった話になった。

私は長年、意識到達へ向け徹底して意識の勉強をしてきた。
そして、ずっと意識の勉強は良い意味での緊張や厳しさが必要で、それが解脱するまで続くと思っていた。
しかし、それは違うとはっきり実感し、確信した。
「真の解放、真の楽」を意識化でならない限り、どんな意識向上の勉強も未熟の中なのである。

「真の解放、真の楽」の段階はあるが、自己意識が高まっていくに従って自分が楽にならなければ、そしてそれで良しとするのは一時的な自己欺瞞なのである。
このことも頭に入れておくと、自己意識向上の枠も拡大するだろう。



真精神世界(15)~人間の初歩的躓き~ネガティブ反応癖とは!2018/08/15 

今回は、人間の悪い癖について話してみたい。
人が、全く疑うこともなく普段からやっていることだが、よく考えてみるとそれ
は人生を左右する大きなマイナスにつながることなのである。
これからそれについて説明するが、それを癖と言っていいかどうかだ。
しかし、私はそれを人間の一番悪い癖だと思っている。

その一番悪い癖というのは、何か自分に関係することがあると、すぐにネガティ
ブな方向に結びつけて考えてしまうことである。
ほとんどの人の無意識的な反応を考えると、いつの間にかこうなっているといっ
た人は多いはずである。
これは、前回説明した心配不安の心配部分に当たるかもしれない。

このような反応は、悪い癖となって定着していると考えてもいいだろう。
あなたは、人間の一番悪い癖は何かと聞かれると何を思い浮かべるだろうか。
「人間の一番悪い癖?」
このようなことは、考えることも、また聞かれることもないかもしれない。
しかし、自然にネガティブなことを考えてしまうというのは、誰にとっても当た
り前になっているのかもしれない。

確かに、ポジティブに考えるというのは難しいと思うが、せめてネガティブに考
えないということもできないのである。
全般的に、人の考えというのは、マイナス、ネガティブ的であることは間違いな
いのであるが、それを問題視する人もほとんどいないだろう。
この傾向は、人間であれば全くの普通で、疑うこともなく人間とはこういうもの
だと信じ切っているレベルである。

意識に関係することをたくさん理解することが前提であるが、このネガティブ反
応は止められるのである。
要するに、どんなことにおいてもネガティブ反応、思考は、冷静な自己支配によ
ってその動きを止められるのである。
しかし、意識の知識も知恵もないこの世の思考レベルで考えると、深く見つめる
こともなく、可能なこともできない、無理といって片付けられてしまうのである。

良く変化させていくことが可能なのは人間意識で、その変化の到達点がどういう
ところなのかもはっきりしているのである。
しかし、何も見ない、また見えなければ、気づくこともなければ良くなっていく
こともないのである。
そうなれば、良くなる可能性もネガティブ的に否定したくなるだろう。

これが、普通でまともな人間だと信じている人の心というものである。
普段の生活において、また近い将来を考える場合にも、いつもネガティブな思考
癖は自分のそばから離れないだろう。
だからといって、これからすぐにポジティブに考えていくということは難しい
し、またどうしてもポジティブに考えられないこともあるだろう。

私は、どうにも変えられないようなことまで無理にポジティブに考えるようにと
言っているのではないのである。
それより、ネガティブに考えなくてもいいものを自然にネガティブに考えている
自分がいることに、まず気づくことが大事だと思っているのである。
とりあえず大きなことを探すより、小さなネガティブ思考癖に気づいた方が分か
りやすいかもしれない。

毎回、同じことを繰り返している自分の思考パターンは、癖以外に何と言えばい
いのだろうか。
この癖は、よく自分自身を見つめてみると、意外に多いことに気づくだろう。
その間違いは、人々の間で何一つ気づかずごく当然な人間行為として、それが本
当に普通として根付いてきてしまったのである。

この内容をしっかり知るまでには、意識の深い勉強と智恵が必要なのだが、それ
にしてもこの基本的に大事なことをあまりにも長い間置き去りにされてきた。
子供の頃から、ネガティブ思考パターンがいかに間違っているかを少しずつでも
聞かされていたなら、人間意識も大きく変化していたはずである。
今からでも遅くないし、また本当のことを知ることはいつでも遅いということは
ないのである。

この内容は、細かい話からした方が分かりやすいのか、それとも大きな観点から
話した方が分かりやすいのか。
その理解も、人それぞれだと思うので、今回は大ざっぱな全体像の話をしている。
実現の法則ではないが、どんなことも人間の行為は潜在意識に関係しないで顕現
することはないのである。

だからといって、勘違いしないでほしいのは実現させる力が潜在意識にあるとい
うことではない。
潜在意識のことを良く知っていかない限り、実現の力が何であるかも気づくこと
はないだろうし、またいつまでも幻を追いかけるようになってしまうだろう。
物事を深く知りたいと思うなら、潜在意識を徹底して研究するというのは当然な
ことである。

人は、無意識に潜在意識からの反応に従っていると考えた方が物事の理解は早い
だろう。
人は自分の潜在意識に入っているもので自らを縛り、反応し、思考し、行為に移
るのである。
知っても知らなくても、すべての潜在意識からの反応は癖、それは良い癖、悪い
癖に分かれるだけである。

それが大多数に受け入れられたなら、悪い癖も普通になるかもしれない。
他人や社会の評価に関係なく、自分がしっかり良くなっていく癖を付けることが
一番大事なことではないだろうか。
その大事な根本部分をネガティブ思考癖で支配されていては、正常な判断という
ものをどうやって導き出していけるのだろうか。

ネガティブ思考癖が普通になっている人は、今反応している自分の考えが果たし
てどうなっているのかも分からない状態なのである。
そして、何の見極めもないまま、過去に入れた潜在意識の反応のまま未来に向か
って進んでいくのである。
そのようなネガティブ思考癖が長く続くということは、結果的にそのすべての自
分がより強く潜在意識に定着していくのである。

年を取って、無意味な頑固性が身につかないようにするためには、普段から自分
をよく見つめ、よく考えることをしていかなければならない。
冷静に自分を見つめ考えることができれば、実際はネガティブに考えなくていい
ものまでそのように考えていることに気づけるかもしれないのである。
では、どうやってネガティブ思考癖を止めることができるか、またどうやってそ
のネガティブ思考癖を変えていけるかである。

このことで私が一番気づいてもらいたいと思っているのは、何でもネガティブに
結びつけて考える必要もないということに気づけるかどうかである。
何故なら、それがネガティブとして実現する確率はとても低いからである。
だから、まずその反応から、どうやって向け出すきっかけを作るかである。
それができない、のではない。

少しずつでも、できるようにしていかなければ、いつまでも同じということだ。
こんなことは基本的なことであるが、何故そうできないかは自分自身にそのよう
な知識や知恵がないからである。
ネガティブ性が実現するかどうかなどは自分の心配の中にしかないのであるか
ら、それを止められるかどうかは少しずつ訓練していくしかないだろう。

また、ネガティブ思考を止めるために無理にポジティブ思考などをすることは、私は逆にマイナスになることが多いと考えている。
何もしなくても、ネガティブ思考癖が止まるだけで、ポジティブが大きくなって
いるのである。
一般的なポジティブ思考などするより、ポジティブの知識や知恵を取り入れ、そ
れを少しずつ実践していけばいいのである。

何かのテクニックを覚え、その意味もしっかり考えず、また自分のものにしない
でただ頭の中で空回りさせてその気になっても、あとでむなしさが残るだろう。
それより、本当のことを一つ、二つ、三つという感じで知って自分のものにする
だけで、いずれそれはあなたの大きな支えとなるはずである。
そのようなものでなければ、またそのようにしなければ、本当に自分を変えると
いうことはできないものである。

潜在意識の真の意味と智恵を知ることで、自分をコントロールできるようになる
のである。
人の意識は一つである。
潜在意識も無意識もポジティブネガティブも、全部関連しているのである。
それを適当な解釈で、全く独立した力があるように思い込むのは大きな間違いで、その間違いが潜在意識に入ってしまえば、一生その奴隷になるだけである。

大事なことだから、小さなことでもしっかり理解して自分のものにするように実
践を通してやるべきである。
それができれば、たとえ小さなことでも一つできれば、そこから大きなヒントを
得たり、思っていた以上に大きな力を感じたりすることもあるのである。
このようなことが分からないため、いつも同じことを繰り返している人が多いの
は残念である。

すごいことが分かればすごいことができる、そんなことはないのである。
自分の意識の中で、基本的小さなことから大きなことを気づける意識を養うこと
が自分の道を開くコツなのである。
ネガティブ思考癖は、この小さなことの中にある大きなことに気づける力を、目
隠しさせて遠ざける最大の障害の一つと言ってもいいだろう。

現時点の苦しさから早く逃れたいために、そのネガティブ思考癖は安易な道へと
目を向けさせようとするのである。