歓迎の光の門

【1】 【2】

歓迎の光の門(9)~だれの意識にもある「歓迎の光の門」 2012/03/29 

しばらくブログ掲載を休むことができたおかげで、いろいろなことが整理出来ました。
また、今回からブログを継続していきたいと思います。
ブログ再開ですが、この「歓迎の光の門」は今回で終了で、次回から新しい内容で更新していこうと考えています。

それについては、あとで説明します。
今回のブログ休止の間に私が済ませたことは、これまでの整理と自己修行的なものです。
自己修行的なものは、かなり深い意識に関わることです。
10年くらい前に、私は初めて無意識世界の集中を試み、半年かかって基本的なことを掴むことが出来ました。

今回は、霊意識世界への集中でした。
どちらも、そのやり方は本に書いていません、また誰にも聞くことも出来ません。
無意識集中は半年で出来ましたが、この霊意識の集中は本格的にやるのはこれからです。

今回は、その集中方法を確立するためでしたが、結果的にはそれをはるかに超えるレベルの内的援助がありました。
意識向上には、意識段階というものがあります。
どんな人もこの段階の道を通らずして、完全に近づけることはありません。
私が今回の集中で感じたことは、波動振動測定の重要性でした。

今回も、波動振動測定によってかなり深いことに気づけたおかげで、これからの自分の意識向上はさらに早くなっていくといっても過言ではありません。
これらの経験は、これから様々な波動振動に関する説明をしながら、少しでも深い意識に触れられるようにしていきたいと考えています。
私が今回得たことは、これからいろいろな方法で表現していこうと考えています。

それによって、またいろいろな角度から気づくことも多くなっていくと思っています。
とにかく波動振動の世界は、まったく新しい自分の精神世界を切り開けるものになります。
私も波動振動の世界から、もっといいもの、参考になるものを分かりやすく説明して行けるように研究していかなければなりません。

どんな人も、とにかく自分の意識、それがすべてで最重要ということだけです。
意識向上は、だれにもある意識の中の「歓迎の光の門」に出会えるということに通じます。
意識向上、進化の通る道のどこかに、それは必ずあるのです。
私もここまで30年かかりましたが、結局努力しかありませんでした。

しかし今は、その努力をもっと効率の良い理解で進められるように、これまでの自分のやって来たことをまとめています。
この人生の、また自分という人間の存在価値として、自分を高めてほしいと思います。
ここには、他人は関係ありません。

たとえ頭が精神が狂っていたとしても、自分が自分のすべてに幸せと感じている人を、誰もその人の強い思いを変えることの出来る人はいないのです。
幸せだけでなく、それプラスいろいろな自分の満足まで含んでそう思えればどうでしょうか。
どんな人も、お金や物の所有以上に内的意識の満足を渇望しているはずです。

もちろん、一部にはそんなことなどまったく関係ないという人もいますが、このブログを読んでいる人にはそんな人とは縁がなくてもいいはずです。
私たちは、いま大変厳しい世の中に生きています。
おそらくこれからは否応無しに、自分や他人や社会や世界のネガティブに直面させられていくでしょう。

その時、のん気な人から動揺し、慌てふためき、そして他人にネガティブを振りまいていくのです。
これがあちこちで多くなると、だんだん国全体もおかしな方向に向かって行くでしょう。
やはり、また歴史は繰り返されるのか・・

人間ネガティブから抜け出す日はいつになるのか・・
それはいつでも、一人ひとりの意識にかかっているだけです。
それはいつでも可能ということです。
しかし、出来るなら早いうちに。
手遅れにならないうちに。

私は誰にも、それだけを願っているのです。
誰でも、神なる魂とつながった一人ひとりの意識はすごい、本当にそうなのに、この世を見ると非常に寂しい、悲しい気持ちになってしまいます。
残念だねぇ~。
せめて、あなたにはがんばってほしいと思います。

良く変われるという確信を知ってほしい、実感してほしいですね。
では、次回から始めるブログの説明に入りたいと思います。
一応、このブログもこのくらいの文量で200以上になりました。
ブログや「生命のヒーリング」にある読み物、あと「第三の目の世界」などを合わせると結構意識勉強に役立てられると思います。

この辺で、これらの読み物、また他の本などもさらによく理解出来るようにするため、次回からのブログは、これまでとは一転させた内容で始めていきます。
この内容については、3年くらい前から考えていたのですが、それはどうしても難しく足踏み状態でここまで来てしまいました。
それは、意識勉強の内容をもっと分かりやすく説明するということでした。

要するに、初歩の人にも、また少し勉強している人には基本を固めるという意味で、そういった内容にしようと考えていたのです。
今の私は、この勉強をする前の自分の意識も忘れているくらい意識が変わっています。
やさしく、分かりやすく書いてもどうしても難しくなってしまう、そういうことで考えてしまっていたのです。

それで、1年以上前に自分の妹に書こう、そうすれば書きやすいかもしれないと考えました。
私の妹といっても50代で、この世界のことだけでなくそれに関連することすら何も知りませんので、そういう人に向けて書けばどうかなと思ったのです。
それで、少し文を書いてみたところ、やはり何をどこから説明すればいいか、本当に難しい、またまたストップです。

そうして、今回です。
もう、次回からこうしますと書いてしまったのでがんばってやって行きますが・・
精神世界をただ説明するなら、そのような本は山ほどありますからそれを読めば事足ります。

しかし、私がこれまで接して来た人を考えると、みなさんそのくらいの本は読んでいます。
あなたもそうだと思いますが、たとえ1年2年数十冊の本を読んだとしても、何かはっきりと分かりましたか、深い部分の意識の何かが・・
この「何かが」というのも超漠然として分からないと思いますが、私が知ってほしいのは、この「何かが」ということなんです。

内的意識は、この「何かが」に気づかないと、またそれが動くようにならないと意識の世界がしっくり来ないのです。
心理学、哲学、宗教、精神世界、霊的世界、これらをしっかり理解納得するのも全部ここです。
これまでの私の勉強の道を、どうすれば一番効率よく意識化出来るかを考え、まとめ、「何かが」をつかめるような持って行き方をしたいと考えています。

おそらく、どの本にもない進め方になると思います。
目先で考えない、最低1年を通して自分の意識で「何かが」が感じられればと考えています。
どうせ1年本を読んだとしても理解納得は出来ないのですから、同じ1年ならと考えています。

また、最初は難しいと思えても初歩、基本的ですから、とにかく頭に入れておくくらいはしてほしいと思います。
必ず、あとで一つにつながるようにします。
特に意識のことに関しては、すぐに理解納得出来るということはありません。
完成は私が知っています。

その完成図を数百の様々な形のピースに分けバラバラにし、それを再現、一つの完成を目指します。
意識勉強のジグソーパズルだと思えば分かりやすいかもしれません。
完成図を知っていれば、出来るのです。
それが完成すれば、これまでのブログや読み物、また他の本の理解もかなり早くなるはずです。

ジグソーパズル的ですから、おそらくしばらくはバラバラ、荒波に揺られている船の中にいるような感じかもしれません。
しばらくは慣れることだけです。
あとは私がしっかり舵取りをして、あなたを目的地まで運んであげたいと思います。

これは初歩的、基本的といったことに重点を置いていますから、出来るなら家族や身近な人にも読んでもらえれば、大事な気づきや将来に対する自分固めにもつながると思います。
現代は、とても危うい精神状態にありますから、自分のために、また家族や身近な人のために意識レベルを高めておくことはとても大事なことです。

歓迎の光の門(8)~これで納得、チャクラの開き方、回し方!(3) 2011/12/21

今回は、チャクラの話の(3)になりますが、これまでの内容と少し重なるところもあるかしれませんが、まとめてみたいと思います。
結論から言うと、人間意識、精神世界、宗教、真理、神秘霊的世界などの理解、また成長はどうすれば早くなるかということです。
このことは、私の長年の研究努力と神秘体験で、その関連性が今はっきりと見えて来ました。

もう一つ、確実な証拠として言わせてもらえば、これから述べる内容はすべて私自身がいくつもの段階を超えて来た結果の結論ということです。
意識成長、またそれ以上を目指す人には、この内容はとても大事なことで、本当に大きなヒントになると確信しています。
しかもその内容は、難行的なものは一つもなく、すべて意識による訓練になります。

意識向上を目指すには、これが一番、とは言いませんが、かなり早くいいレベルに達するだろうと思っています。
それを大きく分けると、必要な要素が3つ出て来ます。
一つは智恵、もう一つは集中、最後の一つは内的意識(感じ)です。
これを分かりやすく説明して行きたいと思います。

智恵の土台は、たくさんの知識です。
集中の土台は、瞑想訓練における意識です。
内的意識(感じ)の土台は、内的感じに鋭敏になることやその体験に触れるために意識に注意を向ける訓練です。
最終的にこれら3つは、全体で一つの大きな内的意識、そして内的回路になります。

これが確立されると、その後はどんなことも自分で進めていくことが出来るようになります。
ほとんどの人は、霊的な感じを知りません。
一部の人は、パワースポットなどで、その雰囲気に触れかなりいい感じを体験した人もいると思います。

しかし、それ以後は継続なしのそれっきりという人もけっこういます。
それでも、一度そのすばらしい内的感じを知った人は、必ずいつかその体験を思い出し、もう一度・・、という思いになるかもしれません。
そのくらい感動的内的体験は、この世のどんなすばらしいとされるものより、本当に比較にならないくらい何かが違うものなんです。

この内的体験が、自分の世界を変えてくれるのです。
では、もう少し詳しく説明していきます。
先ほど意識成長を早めるための3つの要素を書きましたが、それを別な言葉で置き換えてみます。
それは、意識、真理に関する知識の理解、瞑想、チャクラ訓練の3つになります。

これらは、順番がありませんので、初歩からでもスタートできます。
だからと言って、簡単にすぐに・・、は絶対ありません。
この内容は、あくまで私の経験から出来たという事実、そして全説明出来るといった確信から言える私の方法です。
私の方法といっても、適当で勝手な方法ではなく、しっかり真理や霊的法則に沿った段階で出来たことですので、その内的構造の部分は誰にも適用出来ることになります。

ですから、真っ直ぐな道を歩む意識の持ち主なら、初歩からでもかなり早くいいレベルには達すると考えています。
いいレベルというのは、人と比較してという意味ではなく、自立出来るレベルということです。
この意識成長の世界は、誰かとの比較などまったく関係ない自分だけの世界ですから、その自己コントロール力も必要です。

また、意識はみんな違いますので、誰かと比較している自体足踏み状態と考えていいでしょう。
しかし、誰かの意識から、ヒントを得ようとして注意して見ることは、比較ではありません。
まず、一つ目の意識、真理に関する知識についての説明です。

知識は思考です。
思考は、徐々に使わないように訓練して行きますが、それはまだまだ先のことです。
どんなことでも、最初は知識から、そしてそれをよく考えることからスタートです。

意識に関する知識は、いろいろな分野があります。
人間意識の段階、心理学、哲学、宗教、精神世界、霊的世界、神秘、その他にいろいろです。
これらの知識は、この世の理解レベルから入りますが、その理解が進んで行けば真理、霊的世界に入っていきます。

この、真理霊的世界に入る段階になると、ここから思考から意識の段階に慣れて行くことが要求されます。
ほとんどの人の意識成長がつまづくところはここです。
はっきり言うと、ここのつまづきを出来る限り少なくするために、同時に瞑想とチャクラ訓練があるのです。

意識に入っていくというのは、意識の感じを知るということです。
そうすることで、意識における理解の段階を上がっていけるからです。
少し難しいかもしれませんが、意識の世界はそういうしかないのです。
思考は絶対限界があるのです、絶対に。
ですから、そのためには上っ面ではなく、ある程度しっかりとした知識が必要ということになるんです。

今回の説明を読めば、あいまいでは絶対無理だということも分かるでしょう。
そして、宗教や精神世界の真の意味も理解出来ると思っています。
とにかくしっかりとした知識、その勉強はとても大事だということを言っておきます。
その勉強が一生続くと思っていれば、それは普通ということになります。

次は、瞑想です。
瞑想については、私は他の瞑想法を何も知りませんので比較は出来ません。
ここに入れる瞑想については、自分が得た瞑想法をしっかりやって来た結果、一つの結論を出していると思ってください。
その結論としては、瞑想をずっとしているから何とかなると思うのはやめた方がいいでしょう。

ただし、何十年も瞑想をやっていれば、ヒラメキは来るかもしれませんが。
そういう人は例外として、今は私たち一般レベルで考えています。
瞑想は、何かを得るために座るのではなく、自分の意識を内的意識に移行して集中するために、外部のものや邪念に左右されない安定した自分を準備するためにするものです。

今の私は、意識で動くため集中するために瞑想の形、要はその枠を作るために瞑想という過程を通るだけです。
そのあとは、黙って瞑想しているのではないのです。
自分の内的世界を意識で動くのです。
瞑想の形から何かを得たい場合、私の場合は探究瞑想といった違う瞑想形態を使うのです。

この探求瞑想のことは以前このブログにも書きました。
それぞれ、しっかりやって来た結果、それで得たことは沢山あるのです。
今述べていることは、理論でも単なる理想論でもなく、実際私がやって来たことばかりです。
では、次のチャクラです。

今言った2つのこととチャクラがどう関係するかです。
私は、今説明している内容を以前から知って実行して来たのではありません。
今回、チャクラのことを超神秘体験で深い理解に至ったことで確信し、その重要性を全体的にまとめられることが可能になったということです。
今回は、理解はともかくそれほど貴重なことを書いているんです。

このチャクラ訓練も、2種類の振動がありますが、振動は別にして私自身チャクラを回すとかその各集中は、長い年月やって来ているんです。
特に、サハスラーラ集中は30年です。
チャクラに関する内容は、これで充分というくらい自分でも納得したのです。
チャクラ訓練は、瞑想で非常にいい意識状態になった後にするのが、一番いい訓練になります。

何故、チャクラ訓練がいいのかを言います。
まず、内的意識、感じの訓練になります。
当然、健康には最高にいい方法です。
これは、内分泌器官を活性化することで、免疫力が高められるからです。
最終的に霊的集中に入るには、肉体が弱いと霊的エネルギーに耐えられなくなります。

意識訓練には、肉体の健康はとても大事で、健康であるほど集中力も増すと考えてください。
ですから、チャクラ訓練は、すべてにおいて重要となるんです。
特に、意識的な訓練に慣れていくと、今度は霊的回路を開く訓練に入って行けるのです。

そこで、再びどうしてチャクラ訓練がそれほどいいのか、必要なのかということになります。
それは、内的体験、要はこの世にない感じに触れるためです。
私は、人に嫌がられるくらい何度も不思議体験のことを書いて来ました。
その体験がいかに大事かを知ってもらいたい、そしてその感じに触れてほしいと思っていたから、何とかヒントにならないものかと思っていたのです。

簡単に言うと、一万の言葉より、千の説明より、一回の内的不思議神秘体験です。
その体験で、自分の疑問、理解が広範囲で「わかった!」と大納得出来るからです。
ですから、これまで説明して来た、意識成長を早める3つの要素は私にとってセットになるのです。

これは私が勝手に思っていることでもいいのですが、意識成長を早めるにはこれが一番いい方法だということです。
これまでの自分の意識的訓練を振り返ってみると、こういうことだったんだと。
もちろんその道を真っ直ぐ通って来たんですが。
参考にしてください。

とにかく、感じとチャクラ訓練は同時進行で発達させることが出来るということです。
それが霊的意識、その不思議神秘的体験につながるのです。